妻は年収1,000万-Lカップルの毎月の家計簿ブログ-

妻は年収1,000万な30代女性同性ふうふ。日本で何の保証もない二人の人生。 生き抜くための貯金&家計簿、節約テクニック公開メモブログ。

MENU

最強簡単節約方法 1.クレジットカード払いを極力控える

ちょきんちゃんです。

お越し頂き頂きありがとうございます。

 

2017年に1,000万円貯金を達成‼︎したちょきんちゃんの節約方法です。
だれでも出来る簡単節約のコツ10個ご紹介していきたいと思います。
今回は1個めクレジットカード払いの最強な簡単節約方法です。

f:id:chokinlez:20200514132056p:plain



 

 

クレジットカード払いを極力控える

1000万貯金を達成した2017年ごろ、ちょきんちゃんは、クレジットカードを使っていませんでした。その理由は自分の把握していた支出が分らなくなるので、極力クレジットカードを使わないようにしていました。日常の生活で買うものは、できるだけ現金払いです。保険料や定期代など、決まった請求は1%引きのクレジットカードで支払っていますが、その他は現金払いです。

基本的な気持ちとして、「まだ稼いでいないお金に対して、支払いが決まっているって結構怖い事」じゃないかなと思ってしまいます。

 ですが、2020年現在、消費者還元や還元ポイントが盛んな時代、現金で支払っていたものはデビットカードで支払っています。

 ちょきんちゃんが最近契約したのは

  • 楽天デビットカードで、還元率1.0%(もちろん年会費無料)
    これをKyashという支払いカード&アプリに登録して
  • Kyashカード(楽天還元率1.0%+kyash還元率1.0%=2%)
    で支払っています。

食費・生活費は予算を決めて、今まで現金で払ってたんですが、デビットカードに変えてます。だけど間違えてはいけないのは支払いが安くなる訳ではなく還元されるだけ。

結果的には一緒ですが、「いつもより出費したけどポイント溜まったからOK!」って感覚になってはダメ。使わなくてもいい出費かもしれないと考えを頭に残しておくのが大事です。

 

クレジットカードを使う必要がある場合は99%の支払い

でもどうしてもクレジットカードを使う必要がある場合はありますよね。(毎月の決まった固定費の支払いとか...)
そういう時は、年会費無料で、支払いの際自動で1%引きで請求されるPONE-cardを使っています。年会費も無料だし、ここ8年ぐらい使ってます。
P-one カード<Standard>
https://www.pocketcard.co.jp/

一番のメリットは、請求金額が1%安くなること!
このクレジットカードのを使うと、請求額が1%引きになります!
例えば13,931円の利用金額ならば、
1%(137円)引きの13,794円の利用金額で請求されます。そもそも、支出をなるべく減らしたい私は
「請求金額を安く」してもらった方が断然お得なのでずっと使ってます。

 

ポイントのための購入をやめる

クレジットカードを利用される理由として、ポイントが貯まるからという理由もあるかもしれませんが、ちょきんちゃんはそこを深く考えるのを辞めました。なぜかというとポイントを貯めるために、何かお得なことが起きるという点に注目しすぎると、気づけば支払いがかさんでいたなんてことになるならば本末転倒です。

 

絶対に「一括払い」

あとはクレジットカードのカード払いをする時は、絶対に「一括払い」です。分割払いやリボ払いにしてしまうと金利がかかって損をしてしまいます。何か購入して、その支払金額を更に上乗せするような支払いは考えものです。私は、基本支払いは現金で支払うようにしてますが、いざという時は請求額から1%引きのこのクレジットカードに助けられています。

 

おまけ|ちょきんちゃんの最近のクレジット請求明細です

↓最近のちょきんちゃんのクレジット請求明細です。(137円引きで請求されています、塵も積もれば山となるですね)

f:id:chokinlez:20200425235459p:plain